読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お客様は神様 ?ビジネスブログ !

お客様は神様?いやいや王様?それとも鬼?色々なお客様との体験談です!

お客様は神様? 第一話は鬼のような奥さん編

 

お客様には沢山のキャラを持った方が多数いらっしゃいます。

 確かにお客様は神様です!
しかし、中には鬼のように烈火の如く怒り出すお客様もいらっしゃいます。
また王様の様に無理難題を言ってくる方もいらっしゃいます。
そして、時には仏様のようなお方も・・・・。
私の今までの経験の中で実際にあった出来事。
実際にいらっしゃったお客さんの話を面白おかしく書いていきたいと思います。
私の仕事は、車の販売・車検・修理・保険と言ったものを扱っております。
その中で特に,嬉しかったり、面白かったり、迷惑だったり、といろいろなエピソードのブログを書いていきたいと思います
それでは第一話をお話しいたします。


中古車販売 ステレオ編 烈火の如く!


ずいぶん昔の話にはなりますけれど、人とはどうしてこんなにも自信たっぷりに怒りをあらわにできるのか?っと思った出来事です。

新車3年落ちの軽自動車を当時30歳くらいの奥様に販売させて戴きました。

納車後1週間ほどしてでしょうか?奥様がご来店されました。

私は、すぐに外に出て車の所に向かいました!

わたし:いらっしゃいませ!先日はどうもありがとうございました!

奥さま:どう言うことですか! 
・・・・怒りがあらわに・・凄い怒りよう・・・・

わたし:どうかされましたか?何か車に不備でもありましたか?

奥さま:どうかされましたかじゃないわよ!!!!
・・・・相当お怒りのご様子・・・・

奥さま:やはり中古車はだめね!購入して一週間しかたってないのに!!!
    カセットテープが動かないじゃないっ!と、どんどんエスカレート!
    口調も荒くテンション上がりっぱなし!!!
    (カセットテープは死語ですね~古くてすみません!)

f:id:oneputtkun:20151017100408j:plain

 


わたし:それはすみません今すぐ点検しますので事務所でお待ち下さい。

・・・文句を言いたいのと、私がどのようような修理をするのかみたいのでしょう。
           車から離れません 

私が作業する間も烈火の如く怒って文句ばっかり言っています!

まずカセットを挿入口に入れてみますが、確かに入りません!出てきます!と言うより

全く入りません!一応ラジオとかはきちんと鳴っています(ラジオは関係ない)

やはりカセットみたいだな(心の中で)

わたし:奥さん少々お待ちください!良ければ事務所でコーヒーでも飲んでて下さい!
   っと言ってもやはり車から離れません!
   余りの怒りに社員も車の所にやってきました、納車整備を担当したA君も不安              
   そうに車の横で見ています。

わたし:A君すまんが小さいライト(懐中電灯)を持ってきてくれんかね?

Aくん:はい!直ぐに持ってきます!A君ダッシュ!

・・・・・ライトを借りてカセットの挿入口を覗き込んで見ました!・・・・

?????何かある?????

わたし:A君すまんが事務所にピンセットがあるので持って来てくれ!

Aくん:ハイ ダッシュで・・・・・・・事務所に

わたし:ライト左手にカセットの蓋を押し開けてピンセットを右手に中を覗き込んで                 
    ピンセットを中にそ~っと差し込みます!ここで壊したら!!!恐ろしい・・
    これ以上憤慨されたら堪りません!
    ピンセットで挟めます!ん??もしやこれは・・・・

奥さん:どうなってんのよ! ブツクサブツクサ・・                       
    ・・・・流石にいいかげんうんざりしてきました!・・・・・       

 わたし:奥さん手を出してください

奥さん:え?なに?

わたし:いいから、手を出して下さい!(少し強めに)

それから、ピンセットでカセットの中に入っていた、10円玉5枚と100円玉を2枚を一枚ずつ、奥さんの手のひらに載せて行きました。(この時点で奥さんも何があったのか理解できた様子)

わたし:奥さん、子供さんに貯金箱じゃないので、ここにお金を入れないように言っといて下さいね、本当に壊れてしまいますよ!(今回取り出した後は普通にカセットが動き出しました。)
奥さんには小さな男の子が二人いらっしゃいます!3歳と5歳くらい??
子供さんが貯金箱代わりに入れたのか?わかりませんがたぶん間違いないでしょう!
納車の時にはカセットの説明もちゃんとしてますから・・・・
奥さんは謝りもせずに、逃げるように帰って行かれました!
しかし、よくあれだけ自信たっぷりに怒れるものだと・・・・・・
自分も注意しとこっと・・・しかしあれ以来あの方とは会ってないな~~
風のうわさでは旦那さんの転勤で遠くに行かれたようです。

第一話はこれにて終了
第二話を近々アップさせていただきます。