読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お客様は神様 ?ビジネスブログ !

お客様は神様?いやいや王様?それとも鬼?色々なお客様との体験談です!

お客様は神様です!  お父さんあんたは偉い! 昭和一桁生まれの親父は・・・

事故 凄い! 参った!? 大爆笑

さてさて、ずいぶんと昔の話ですが!

お客さんの息子さん(18歳)に新車を購入して頂きまして・・・

納車の前日にお父さんがやって来られて保険の入れ替えをお願いしますと・・

 

私が、お父さん!最初の1~2年だけでいいので車両保険に入っとかれないですか?

っと勧めた訳です・・・・

幾ら高くなる?っと・・ま~~年間00000円位ですねっと私・・・

そうっか~~一応は加入しておくかな~~ってな事になりましたが

お父さんからは、息子には車両保険に入ってないので、

くれぐれも用心して乗るように言ってくれないか・・っとの事

了解しました!!!っと私

 

いよいよ、納車の日、、、一通り説明を終えてから・・・

保険は車両保険に加入すると大変な金額になるので、

対人、対物、搭乗者のみ加入なのでくれぐれも事故はしないようにね!!!!

っと釘を刺して納車を終えました!!!!!

f:id:oneputtkun:20160920141357p:plain

写真は何ら関係ありません!・・・

 

納車から一週間して、夜の9時過ぎに電話が鳴りました・・・・

 

大体、車屋の夜の電話は、殆どが、事故か、故障で車が動かないか、鍵詰め込んだ

この3つです(笑)

受話器を取り、声を聴いたら1週間前納車した方のお父さんからです!

この時点で事故の確率80%(笑)

 

どうしました??っと私

やってくれたよ!息子が・・・・・っとお父さん

え~~酷いですか?

いや~~廃車かな!と、お父さん

え~~そうですか!!!直ぐに現場に、、てな電話で

直ぐに指定の場所に、現場に着いたら新車は無残に亀さん状態~~~

田んぼの中でタイヤが上向いてます!!!

お父さんこれは、クレーン車が必要ですね~~ってな感じでクレーンの手配

息子さんは???っと言うと今病院に行ってると・・

じゃ~病院に行ってください!ここは、私がやっときますから・・・

お父さんは、いいよ!!大したことなかったみたいだから

念のために行ってるだけだからっと・・

てな感じで、車は私が工場へ・・

今日はもう遅いから、明日改めて伺いますから・・・・とお父さん・・・

 

次の日の午後、息子と一緒にご来店されました。

息子さんは絆創膏だらけ、少し足を引きずっています!

車はと言うと・・・・・

事故車は、お昼に見ると余計酷く見えてしまいます

それを見た息子は意気消沈!!!

それを見たお父さんは再度激情!!!

 

事務所にて、

 

まだ、お父さんは車両保険の事は言ってないみたい

私も話を合わせて、そのことには触れずに・・・

ま~~大方30分くらい説教くらってましたが、

最後に、同じ車で良いのか???の問いかけに

息子は何を話してるのか????ポカ~~ン状態

 

当然次の車なんて、到底買って貰えるなんて思ってもみないし

ましてや買ってとは口が裂けても言えない!!!!!!

 

お父さんが車両保険に加入してくれたから良かったねっと言うと

目に涙をためてコクッリとうなずくだけ・・・泣いてるような喜んでるような(笑)

同じ車でいいのか!の問いにも、、黙ってうなづくだけ・・・

 

じゃ~同じ車を手配しますねっと私

色も同じで良いかな?っと言うと、、

小さな声でハイ・・・っと

 

車は酷いことになったけど

息子さんが大したことなくてよかったじゃないですか!!っと言うと

 

昭和一桁の親父は言う事が違います!!!!

 

何言ってるんですか!このバカ息子は少々ケガしても、飯食って寝とけば直ぐに良くな

るけどね!車は何十万と金掛けないと良くなんでしょうが!!!って・・

 

この返答に・・・・確かに・・・っとうなずいてしまいました!!!!(笑)

 

豆知識:

お子さんが車を(特に新車)購入された時には新価特約付きの車両保険に

加入されるようにして下さい。

この保険は、新車から5年目までの事故で、事故修理金額(見積書)の金額が

車両価格(この場合は新車の価格)の50%の修理費用の見積もりが出ると

100%お金が出ます!要は新しい車をそんな金額で修理するよりも新しい車を

買ってくださいと言う、ありがたい保険なんです!

 

実例 新車価格200万円 事故見積もり100万円だと保険会社から

200万円貰える!!!ただし、事故車の所有は保険会社に移りますけどね・・・

 

今一度保険を確認してみてくださいね!!!!!!

 

くれぐれも事故にはご用心